過払い金の返還請求は専門家へ依頼した方がメリットが大きい

昔利用していた、消費者金融のキャッシング。最近ラジオなどのメディアで良く見聞きする過払い金の返還請求について、自分にもあるのかな?と思うようになりました。自分が利用していた消費者金融の過払い金について、色々ネット検索してみると、過去の取引履歴の開示を請求すると、利息を18%に引き直した計算書まで作成して提出してくれるという、なんともありがたいサービスを行っていることが分かりました。

早速、昔利用していたカードを見つけ出し、担当部署へ電話をすると、1ヶ月程で取引履歴と計算書、債権届なる書類が郵送されてきたので確認すると、なんと13万円の過払い金が発生していたのです。ラジオなどで聞く、「一人辺り90万円を超える過払い金が発生していました」というフレーズから見ると、僅かな金額かもしれませんが、私が受けとる権利があるお金に違いはありません。

CMなどで聞くように、司法書士法人などに相談すべきか悩みましたが、司法書士法人に依頼すれば成功報酬などで、20%近く支払わなければならないし、時間も掛かりそうなので、自分で消費者金融に過払い金の返還請求をすることにしたのです。

すると消費者金融から出てきた回答は、7割掛けの9万円の返還での和解案でした。「何故減額されるのか?」など質問してみましたが、相手の返答に法律に詳しくない私では太刀打ち出来るものではなく、今更専門家に依頼するのも面倒になってしまい、そのまま9万円で和解し、今月末の振込を待っている状態です。カードローンの返済計画はどう考えたら良いのか カードローン 返済計画


しかし、後々良く調べてみると、過払い金には利息を上乗せして請求することも出来るのだということを知り、それなら司法書士法人などへ成功報酬を支払っても十分元が取れたのではないかと、後悔している感じです。

私の場合は、13万円という金額でしたので、まだ良い方だと思いますが、もっと高額の過払い金がある方でしたら、専門家に依頼した方がメリットが大きいのは明白です。

CMを聞く限りでは、殆どの司法書士法人などは「過払い金の有無などの調査までは無料」と謳っています。少しでも心当たりのある方は、是非相談されることをおススメします。

このページの先頭へ